×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニーズの高い医療事務とは

医院及び、歯科医院などの医療の現場におきまして、専門的な書類の作成スキルとか計算の能力、医学や
薬学の専門知識をくしして、医療事務をてきかく、迅速に処理する事務ワーク能力を取得できる、すばら
しい資格です。又、全国共通の技術として評価が高いために、資格の取得者の必要性が非常に高く、求職
の活動に有利といわれております。女性が取得したい資格として絶大な人気があります。又、高齢化社会
の進みで、病院での業務も増えだしている今、その役割というのはますます大きな必要性になっていくで
しょう。医療事務の資格にはいくつかの種類あり、各種類の学校修了認定または6ヵ月以上の医療事務実務
経験が必須の項目として設けられているものもあります。得に受験の資格がない試験もあります。まず、
自分に合うだろう、資格を分析して、比較検討するところからはじめるといいでしょう。また、病院が企業
に医療事務の仕事をお任せする割合というのは民間の病院で、この10年で2倍の伸びがみられるようです。

医療事務の概要

医療事務というのは医療の機関で行われている事務の事です。医療機関オリジナルの診療報酬請求の作成
業務があることから、<医療事務>と呼ばれています。我が日本では、医療の費用は患者さんが一部を
負担して、残りは保険証を発行している健康保険組合などが負担するというシステムになっております。
医療機関では、診療簿を元に各種類の健康保険組合に対して、医療費や薬代などの診療報酬請求をしてます。
その時、国が定めた診療報酬点数に基づいて請求額を算出するのですが簡単な計算ではなくて、専門的な
知識が必要になるのです。医療の事務はレセプトの作成のほか、会計、受付、診療簿の管理、入退院関連
の業務など、行います。勤務の形として、病院の職員、アルバイトやパート、派遣などがあります。レセ
プトを作成する忙しい時だけ働くことや、多数の病院を掛け持ちで働くこともできます。幅広い勤務の形
の中から自分の生活の形にあわせてチョイスできるので、子育て中でフルタイムの勤務が難しい方にも、
高い人気があります。

仕事として医療事務にたずさわるには

医療事務の資格の試験には、厚生労働大臣が認定する「医療事務技能審査試験」と、民間の団体が認定
する資格の試験が複数ありまして、法的には統一されておりません。募集の時も【医療事務の資格を持つ人】
とか(医療事務の講座を修了した方)のような表現が多いようですね。すなわち、資格がなくても医療の
事務のお仕事はできますが、医療機関側が即戦力になる人物を求める傾向は、どんどん強くなっていきます。
専門学校や通信教育などで、必要な知識を学ぶことを是非とも、お勧めします。知識を自分に身につけまし
たら、厚生労働省の認定された医療事務技能審査試験、又は民間団体が主催します、それぞれの団体の資格
試験を受験して、資格を取得しましょう。そして補足としては、明るく健康である事が求められます。 特に
患者さんと直に接することが多い受付窓口では、絶対的な条件とも言えるでしょう。 後は、相手の方の
気持ちを考えられることです。患者さんは具合が悪くて来ていますし、相手の気持になって親切にそして
優しく接することがとっても大事です。

Copyright © 2007 資格の情報サイト@ 医療事務編